<   2007年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

久々のライトノベル。
休憩を挟んで2時間で読破。
この「ライト」加減がちょっと低迷気味の気分にはちょうど良い気がします。

破天荒なハルヒちゃんにふりまわされるキョンくん(私の通称にもある名前です)に大笑いし
みくるちゃんってやっぱり漢字に直したら未来か?とかふと考えたり
でもやっぱし長門さんにある意味親近感が・・(笑)
あと、古泉くんは出番がちょっと少なくて残念とか?!


そんなこんなでスピードにのって楽しく読破!

読み終わったあと
久々に高千穂遥さんのダーティペアシリーズ本を引っ張り出したくなりました。

c0111310_13511351.jpg


さくらんく:気分が浮上します☆☆☆



※さくらんく:sakulatte+ランク=☆とコメントで最後に一言!くらいの意味です。
[PR]
新しいブログとして始動します。

いままでの「表ブログ」的な感じから
「本音」とか「練習」とかその他もろもろの話へと移行します。

もちろん散歩ネタも続行しますのでよろしくお願いします。

なお、従来の「そらとじめんとおんがくと」は下記へ移行させましたので
こちらもどうぞよろしくお願いします。

http://necoallasblog.blog113.fc2.com/
[PR]


「そらとじめんとおんがくとops2」として下記アドレスに移転します。

コピペしてご利用下さい。。
     ↓
http://necoallasblog.blog113.fc2.com/

こちらはまた「別ネタのブログ」として更新しますので
ブクマ、お気に入り登録は残しておいて下さいね。

現在バンドネタ(メンバー紹介)と、山笠ネタから引越し中です。
散らかってますが(笑)遊びに来てください。

なお、大変もうしわけありませんが、
コメントを引っ越しさせる方法が見つからないかもしれません。
そのときはこちらのブログに「保管」させていただきますので
悪しからずご了承願います。

※ウエブサイトのトップページの引越しは完了後と致します。
[PR]
華麗を極める飾り山、勇壮で激しい使用に耐える舁き山。どちらもその山台(土台)は木材と麻縄だけです。釘等は一本も使用しません。製作には山大工と呼ばれる職人さんと舁き手さんたちが気合と心を込めて「棒締め」します。

こちらが舁き山の山台(土居流)
c0111310_1324043.jpg


そしてこちらが飾り山の山台(博多リバレイン)
c0111310_13245356.jpg


どちらも意外とシンプル。伝統が最新技術をいまだ上回る例の一つかもしれません。

ちなみに「走る飾り山笠」である上川端通の山には仕掛けがあります。
電線や信号機対策に飾りの大きさを調整する必要にせまられての案だと思います。
c0111310_13272373.jpg

だって・・一番大きく伸ばしたらこうなりますので・・(7/12追い山馴らし)
c0111310_13322234.jpg

・・・信号機より高いんです。重量も約2トンあります。それをあのシンプルな山台で支えているのですから本当に凄いの一言につきます。
[PR]
本日7月15日、すべての流れがつつがなく山を櫛田神社をはじめ東長寺、承天寺に奉納させていただきました。大雨・・カッコつければ「天からの勢い水(きおいみず)」がすごくて結構苦戦した流れもあったんじゃないかと勝手に推測しております。
なお、追い山の写真ですが・・ケータイデジカメでは撮影不可能のため、普通の35ミリ一眼レフで撮影しています。うまく撮れてたら後日アップします。

c0111310_21372591.jpg

今日はニュースなどでご覧になった方は「走る飾り山笠」の時、白いものがぶわーっとでてたと思いますが、その部分と思われる「やまたのおろち」をピックアップ!


「山笠が終わると博多に夏が来」るのだとか。今日はきれいな夕焼けがちょっとだけ見えました。明日以降も、もうちょっとだけ山笠ネタをアップしますのでどうぞおつきあいください。
今日は画像が少ないので・・とりあえず櫛田入りのタイムなど・・(^^;
個人的にはタイムレースではなく清道(せいどう)をいかに美しく回り、奉納するかが一番だと思いますが、人間ですから、数字がないとやっぱし分かりにくいということで・・。
(好きな流れが速いとやっぱし盛り上がってしまうという事実は・・すみません、あります☆笑)
一番山笠 土居流   35秒09
二番山笠 大黒流   34秒72
三番山笠 東 流   33秒19
四番山笠 中洲流   35秒82
五番山笠 西 流   34秒44
六番山笠 千代流   32秒69
七番山笠 恵比須流34秒32
八番山笠 上川端通57秒05
[PR]
いよいよ明日が追い山となりました。
今日は夕方に「流れ舁き」があります。
町内を走って最後の調整と確認をします。(やらない流れもあります)

今日の写真は山笠を奉納される神社「櫛田神社」です。
撮影日が大雨だったのでいつもにましてピンぼけ写真ですみません。
この飾り山は一年間奉納され、公開されていますのでお越しの際はご覧になって下さい。
その近くには名物の「櫛田の焼き餅」も・・売ってるおいちゃんが面白いそうです。
その近くにめちゃくちゃ美味しいかき氷屋さんも。氷を噛めないワタクシが完食した、「ふわっふわの氷」です。おためし下さい・・って観光案内のつもりがグルメ案内、しかも甘いもの案内になってしまいました・・(^^;

人形師は中野親一さん(表、見送り)です。
c0111310_13411117.jpg
c0111310_13413779.jpg
[PR]
川端商店街を北へ抜けると商業施設イニミニマニモが入店している「博多リバレイン」があり、この山はその前にあります。隣が博多座なのでお芝居の前に・・といった感じの見物客が多い気がします。

人形師は置鮎琢磨さん(表・見送り)です。見送りはいわゆる「浦島太郎」の竜宮城のシーンです。鯛やひらめが舞い踊り、タイトル通り豪華絢爛なヤマとなっています。

c0111310_11264920.jpg
c0111310_1129110.jpg
[PR]
各流れの町内を朝や夕方に走りこみ、皆の息が合い調子が上がってきたところで、15日の追い山のコース(・・より少し短いコース)を走り、「櫛田入り」タイムも計ります。通しリハーサルといったところでしょうか。
平日のお昼に関わらず会社を休める人は参加します。「夜にお仕事」をしてる私の友人はこの昼間の行事の方が参加しやすいそうで、毎年きっちり参加しています。生活時間帯がずれててなかなか会えないので年に一度、友人の水法被姿をみるのが楽しみです。
そんなわけで今日はその友人のいる恵比須流をピックアップ。人形師は亀田均さんです。
c0111310_1091495.jpg



おまけで先日の上川端通も・・外でみるとまた壮観です。
c0111310_1083942.jpg

[PR]
ついに舁き山の登場です。しかも今年の一番山!
ここには知り合いの方が数人いらっしゃるので、ここ数年「夜警」にお邪魔してます。
夜警とは想像のとおりで、舁き手の方達が順番で夜通し山の番をします。もちろん平日ですから皆さん会社帰りや出張帰りからそのまま・・!なんて事も。
若手や新人さんと諸先輩の交流の場となり、また折をみて講習も行われます。またこの撮影をしていた日には今年赤ちゃんが生まれた舁き手さんが、山にあがって、赤ちゃんをだっこして写真を取ってもらう等ほのぼのしたひと時も・・・。
いやー、人情ってまだまだ残ってますよね。(^^)

人形師は中村信喬さん。
かき山は表、見送りともに同じテーマですが、見送りは単なる「背景」ではありません。こんな迫力のある波だったら見送りの台上がりさんをカッコよく見せる事でしょう。中村信喬さんは舁き山のメインの人形については「先頭を走る人あたりをぐっとにらむように」作るそうです。ホント迫力のある人形ですよね。


c0111310_1231928.jpgc0111310_1234343.jpg
[PR]
この山笠の季節、毎年川端通り商店街はものすごくきらびやかになります。
それは先日ご紹介した「走る飾り山笠」とこの11番山笠が両方建っているからです。

人形師は中野親一さん(表)中野浩さん(見送り)です。

やっぱ見送りの定番はドラえもんっしょ!毎年どこかの山にお目見えします。子供が喜んで見てますね。(^^)
c0111310_11512531.jpg
c0111310_1152959.jpg


そして数年に一度ですが、この商店街の中に土居流れの舁き山が建つ事があり、(当番町の都合上です)その年は本当に「博多やねえ」という感じです。(なお、今年の土居流れの舁き山は櫛田神社のすぐそばです。)
[PR]